CentOS 仮想サーバをWebサーバとして機能させる

CentOS 仮想サーバをWebサーバとして機能させる



前回無事、おうちパソコンに仮想環境を作ってCentOSを入れることができました。

が、しかし。

これで終わりじゃないんですよね。

むしろ、これから。
ちょっとでいいからlinuxを理解するに至りたい。
ともくろんでいるわけです。

具体的になにかやってみるのがよさそうです。
敷居が低いのかどうかの判断もできないくらい無知ですが、なじみは深いという感覚。
そんなこんなで、Webサーバ的な? ホストからhttpでhtml開けるようにしてみようかと。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

Webサーバにするのに必要なこと

「centOS Webサーバ」などとぐるぐるさんにお伺い。

どうやら、やることはすごく簡単そうです。

  • Apache(httpd)のインストール
  • 起動

以上。

え?ほんとに?そんだけ???

Apache(httpd)をインストールする

どうやら、インストールの時に唱える呪文は 「yum」らしいです。
「yum」を使ってインストールです。

httpdがインストールされていないことを確認しときます。
アプリケーションから端末を開いて、コマンド打ちますよ。
httpdの確認
なにも表示されないんだから、入ってないんだろう。うん。
まぁ、入れた覚えもないしね。

「|」って記号がパイプっていう呼び名だってことも普通にキーボードで打てるってことも初めて知ったよ(笑)

これはインストール済みのパッケージを一覧で表示するためのコマンドで、「|」から後ろの grep httpd パッケージについて一覧表示してちょってことなんだそうな。

では、さっそくインストールおば。
httpdインストール
ををををを。
「yum install httpd」って打っただけで ズラズラズラっと!!

どうやら、あっけなくインストールが完了したようです。
httpdインストール完了

インストールされているか確認してみます。
httpdの確認
今度は何やらちゃんと表示されていますね。
それっぽいのが2つ入っているようです。

Apache(httpd)のサービスを起動する

インストールしただけではだめなんです。
サービスを起動させなくてはいけません。
サービスの起動

サービスの起動には
「systemctl start httpd.service」を

次回からCentOSを立ち上げたとき一緒にサービスも起動させるようにしておきます。
「systemctl enable httpd」

これで、ゲストを立ち上げると自動的にWebのサービスも立ち上がっているはず。

ブラウザで確認する

なんだかすごく簡単に終わってしまったんだけれど。
ほんとにちゃんとできてるのかな?

ブラウザを立ち上げて表示されるか確認してみます。
URLを入力するところに「localhost」と入れてGoGo!
ブラウザで確認
やった!やりました!!
ちゃんと表示されましたよ。

テストページあげてみます。
htmlファイル作成

テストページ
ちょっと感動(笑)

さいごに

httpdのインストールをしてサービスを立ち上げるだけ。
あっけなく完了しました。

yum だとか systemctl start だとか。
コマンド覚えると世界が広がるような気がします。

次は、ホスト側からブラウザでhtmlを開けるようにしたいです。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)
Simplicityレクタングル(大)

フォローする