VirtualBox CentOS7 で Guest Additions をインストールする

VirtualBox CentOS でGuest Additionsをインストールする

前回、VirtualBox をインストールしてからのCentOS7をインストールするっていうところまでをメモ的記事にしました。

で、その時、「俺、この後 Guest Additions をインストールするんだー」的なことを書いていたかと思います。

えぇ。

今回は、その Guest Additions をインストールしたときのおぼえ書きです。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

Guest Additions ってなんだろう?

そもそもGuest Additions ってなんだろう?って話ですよね。
なんか、便利ツールなんでしょ?ってくらいの認識なんですが、これを入れることで マウス操作がシームレスになります。
インストール作業をしていた短い間だけで、ホストとゲスト 行ったり来たりするのに若干ストレス感じていましたので、これは素直にありがたい。

後、共有ホルダーが使えるようになるだとか、デスクトップの解像度の変更ができるようになるだとか。

リストにすると↓こんな感じらしいです。

  • シームレスなマウス操作
  • 共有フォルダーの設定
  • デスクップ解像度の変更
  • シームレスなウィンドウサイズの変更
  • ホストとの時刻の同期
  • クリップボードの共有
  • オートログオン

Guest Additionsのインストール

とにかく便利になるんでしょ?ってことで、サクッとインストールしちゃいます。
準備しなくちゃいけないものは・・・ありません。

↓デバイス から Guest Additions CD イメージの挿入 をポチっとな
Guest Additions CD イメージの挿入

↓インストールCDがマウントされたようなイメージかな?
 「実行」をポチです。
「実行」をポチ

↓インストールがはじまりました。
インストールが始まりました

↓と思ったら、げ・・・。
なんでか、こんななっちゃうんですよ。環境固有のものなんでしょーか。
強制的に終了させてログインしなおすとどうやらちゃんと入ってるようなんですが、新規OS設定からのインストールでは必ずこうなります。
げ・・・

↓ちゃんと入っているようだといいながら、気持ち悪いので再度インストール作業をするのですが、2回目はちゃんと最後まで進みます。
新規OSインストールから何度か試してみましたが、毎回そうでした。2回目はちゃんと最後まで進んで完了します。

本来の完了はPress Return to this Window… で、リターンキーを押したらWindowが閉じて終了です。
Guest Additions インストールの終了

↓てことで、インストールが完了したら、ディスクはもう必要ないので取り出してしまってOK
右クリックからの取り出し
Guest Additions CDのアンマウント

ホストとゲストをシームレスに

インストールが完了したところで、なにはともあれ、これだけ設定しておきました。

クリップボートの共有

↓デバイス から クリップボードの共有
 双方向を選択
クリップボードの共有

ドラッグ&ドロップを双方向に

↓デバイス から ドラッグ&ドロップ
 双方向を選択
ドラッグ&ドロップを双方向に

さいごに

ををを。インストールが完了したら(正確には画面が変になってしまったときからですが)右Ctrlのクリックなしにマウスがいったりきたりできてます。これは便利!!

とりあえずクリップボードとドラッグ&ドロップが双方向 シームレスにおこなえるように設定してみました。
後の設定は必要に応じて追々。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)
Simplicityレクタングル(大)

フォローする