足首骨折したので記録してみようと思う(2か月目)

腓骨骨折記録
スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

2月2日(土) 30日目

お風呂にはもちろん浸かることはできず。
ゴミ袋をかぶせてシャワーで済ませる。寒い(笑)

ギプス外れたら絶対温泉行く!!

2月3日(土) 31日目 くつした

100均で購入した靴下をギプスの上から
ギプスシューズを履いているとはいえ、サンダルタイプのものを購入していたこともあり、つま先は出たままです。

そのままの外出は寒いです。
見てる方もきっと寒いはず(笑)

100均で購入したショートタイプの靴下を履いてみたらぴったりな感じです。
生地は薄いけれど、無いのと比べたら非常に暖かい!

100均なので、伸びても平気♪

2月4日(月) 32日目

優先席ってなんだろう?

本当に、悲しくなるほど席を譲ってもらえない。

目の前に松葉杖持って立っているのにね。
気が付いてないことはないと思うのだけれど。

通勤、通学で混雑しているので、気が付かないことはあると思うんだよね。
譲って当たり前なんてことは思っていない。

でもね。優先席に座ってる学生さん。
気が付いているよねぇ。なのに、知らんぷりはないでしょう?と思うんだ。

普通シートであったら、ここまで悲しい気持ちにはならないんだけれど。

電車って結構揺れる。踏ん張れないのでよろよろしちゃう。
そして、足が痛くなる。

発車時と停車時が最悪。

2月9日(土) 37日目 診察日

診察日。

この病院では土曜の診察は日赤から先生が来てくださっている。
二名交代なので、二週間ごとに通うと同じ先生にあたる。

今日は、一番最初に診ていただいた先生。

・・・の前に、ギプスを外してレントゲンを撮ってもらった。

ギプスを外した後、レントゲン待ちの時、足を見てびっくり。
足首がない!!(笑)

いや。笑い事ではないくらいショックだったわけだけど。
思わずスマホで写真撮ったけど、あまりのグロさにここには貼れない。
足首、くるぶし周りはまだうっすらと青黒く腫れていて触ると少し熱をもってる。
全然よくなってねーじゃんorz

ホントに大丈夫なのか?これ。。。

気を取り直してレントゲンの後、診察。
んんん。
もやもや写ってるようには見えないんだけど。。。

よくわからないけれど、先生曰く「つきはじめてきてる」らしい。

腫れについて聞いてみたところ「まぁ、ここ折れてるわけですから」とあっさりしたもの(笑)
そんなに気にすることでもない状態なのかと少しホッとした。

安全のためまだギプスにするけれど、二週間後にはギプスから装具に交換しましょうとのこと。

ギプスを巻いた後、固まる前に、足の甲の部分少し切ってくれた。

少しでも不快な状態を無くしてくれようとしていることを感じることができて、良い先生だなぁって思う。

痛くなければ、足をついて体重かけて歩くようにと言われる。
足首さえ保護&固定されていればギプスは壊れてもよいのでどんどん歩きなさいって感じでしたね。

色々な方のブログを見ていると、1/3荷重、1/2荷重、と段階を追っていくように書かれているのだけれど、そんなことは言われず、体重かけて歩くように。と。
まぁ、何分の一だとか言われてもよくわからないし、実際もう通勤なんかでバリバリ足ついて歩いちゃってるし。
様子見ながら、徐々に体重かけていけばいいかという感じ。

診察料 1,040円

2月12日(火) 40日目 一本杖にしてみた

今日から杖を一本にしてみました。
片手が空いただけですっごく身軽!!

なるべくきちんと両足をついて歩くように意識してみました。
ギプスのおかげで痛みはありません。
わりとサッサと歩けたりしています。
つい、杖を置き忘れちゃいそうになるので注意です。

けれど、それはきっとギプスのおかげなんだよね。
今のところ、何分の一荷重とか、まったく気にしていません。
それは、ギプスが取れてからのお話なんだろうなっていう気がします。

取れてからの方が大変なんだろうね。

2月23日(土) 51日目 診察日

この日の診察ではギプスが取れる予定でしたので
それはもう、数日前から楽しみで仕方ありませんでした。

ギプス取れたらお風呂浸かれる!!の一心(笑)

レントゲンでも本当にうっすらとですがモヤモヤしたものが確認できました。
嬉しいです。

ギプスから装具になりました。
ただ、やはり、まだくっつき始めの状態であり、完全につくまでには三か月かかかるんだそうです。
筋肉に引っ張られて開くことがあるそうです。

場所的に、骨が小さいこともあり手術になると非常に面倒なことになると言われました。
ことによると骨が砕けてしまって手術なんてしなければよかったっていうことにもなると。

まぁ、だから無理しなさんなという脅かしなんだと思いますが、内心「え?!」ですよ。
聞いてみると確かにそうだろうなと思うんですが、最初に手術を選ばなくてよかった。
いや、最初に手術とくっつき始めた今、ずれちゃっての手術ではまったく違うんでしょうけれど。

うん。複雑な心境になりつつ、重々注意をしようと決心。

ガサツ&おっちょこちょいなもんで、これは本当に心しておかないと。

以下、確認したこと。

  • 湯船につかってもいいけど、まだ腫れがあるので長湯はやめておくこと。
  • 温泉はもうちょっと我慢(笑)
  • まっすぐ足をつく分にはOK
  • ひねるのはダメ
  • 足の内側、親指側に力を入れて歩くような感じ

あれ?
そういえば、リハビリとかの話はまったく出ませんでした。
徐々に・・・なんてこともなく。
上記のことも私から確認したから。

松葉杖はもういらないよと言っていただきましたが、いやぁ、生まれたての小鹿のような心境です(笑)
心もとないことこの上なし。

階段あるし、普通の杖は欲しいなという気持ち。

次回の診察は一か月後です。

診察料:1,490円

帰って早々、半身浴(笑)
長湯にはならないように気にしつつ半身浴(笑)

あえて電気をつけず、薄暗い浴室にして白く濁る入浴剤を入れて。。。
湯船につかって足をやさしくマッサージ。
あえて見えなくしちゃってますけど、きっと湯船は・・・。いえ。気にしません。

長時間にはならないように気を付けて。
最後にお湯を抜きながらシャワーで身体を流し、そのまま湯船の掃除もしてしまいます。

超すっきりしました。
サッパリ!!

2月24日(日) 52日目 装具の痛み

ギプスを外した後の装具

もっとごついのを想像していました。
ギプスを外した後の装具です。

足首部分をプラスチック?で保護して固定する感じ?

固定感はあるようなないような。
今までギプスでガッチリやったからね。

装着はちょっと面倒ですが、すぐに慣れます。
最初は説明書を見ながらああでもないこうでもないと四苦八苦しましたが、一度やってみるとそう難しいといったこともなく。

ただ、万人に合うように作られてはいるのでしょうが、足のサイズなんて人それぞれですからねぇ。
足の幅がちょっと合っていないってことかしら、両脇の締め付けられ感が・・・。
ちょっとつらいかも。

特に、内側のここ。骨にあたって痛いです。
あまりぎゅうぎゅう締め付けないようにあれこれやってみるのですがどうかな。
この部分あたって痛いんです

2月25日(月) 53日目

装具のあまりの痛さに我慢できず。
午前中の間に仕事を片付け、午後から早退させてもらって病院へ行ってみました。

看護師さんに見てもらったところ、ガーゼを山盛り当ててくださり(笑)
ようするに、クッションをあてて様子をみる。。。

まぁ、そうですよねぇ。それしかないですよねぇ。
といった感じ。

いつもいつも、あたって痛いということではないんです。
その痛みも、かすかな痛みからこれはもう我慢できないといった痛みまで。
足の角度やむくみ具合で変わってくるのかなと思います。

厚手の靴下くらいでは対処できず、かといってたくさん詰め物しちゃうと窮屈さからの痛みが・・・。
しばらくあれこれ調整が必要です。

2月26日(火) 54日目

夜寝る時が一番つらい気がします。
ギプスだったころは、夜寝て朝が一番むくみが引いて楽だったのですが。
どうも装具になってからは寝ている間にむくみがひどく傷むようです。

で、立膝にして寝ると大丈夫。ということに気が付きました。

固定している形、そのままに寝た方が変な圧迫がかからないということなのかな。

2月27日(火) 55日目

やっぱり、寝るときに立膝は正解のようです。
断然楽になりました。
まったく朝までぐっすりとはいきませんが、痛くて何度も目が覚めるということはなくなりました。

全体を分厚くしてしまうときつくてあちこち痛みが出ます。
試行錯誤の結果、ピンポイントで内側のあたって痛むところだけガーゼを折りたたんであてることでなんとかなりそうです。

むくみ時にあたって痛くなってしまうのは、これはもうあきらめました。
むくまないように気を付けることで対処。

ネットをさまよっていて今日知ったこと。

・かばうように変に歩いてしまうとかえって治りが悪くなったりする
・かかとから指先まで、ゆっくりでいいのでキチンと歩くようにしましょう
・骨折すると骨粗しょう症になりやすい(これ、まったく知らなかっのでびっくり)

刺激を与えた方が治りやすいです。
まっすぐしっかり歩け歩けですね。

2月28日(水) 56日目

朝から雨です。結構な雨量。
松葉杖が取れててよかった。
傘をさせる喜び(笑)

今度の土曜日に松葉杖を返却しに行くことにしました。
事前に電話連絡。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)
Simplicityレクタングル(大)

フォローする