QNAP TS-231P(ホーム&SOHO向けNAS)が届いたのでセットアップ ~ハード編~

NASのセットアップ

NASの購入でしばらくうだうだやってましたKAZUNEです。

もう、こうなったら勢いです。
勢いに任せて購入しました。

そして届きました(笑)

ので、今日は セットアップの記録です。

写真多めです。
ダラダラ書いていたら長くなってしまったので
ハード編(本記事) と システム編 に分けました。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

購入したNASキット(決めた理由)

Amazonさんでちょこっとだけお安くなっていたこともあり。
えいやっとポチりましたのがこちら。

まあ、候補三つの中からこれにしようとほぼ決まってはいたんですよね。
どれもこれも、一長一短で決め手に欠けるというか、今ね貧乏なんですよ(笑)
そこんところでの躊躇でした。

とはいえ、そんなこと言ってたらNAS買わないってことになっちゃう。
そりゃ、究極必要に迫られているわけではないですけれど。
何かあってからでは遅いです。
特にこれから仕事に使うためのものなので。

そんなおりもおり。
たまたまAmazonさんで割引になっているのを見て背中押されました。

実は、楽天の方が少し安かったしポイントつくしでそっちで買うのもありだったんですけど。
残念ながら、ハードディスクはそのショップになくて。
一緒に届くのを考慮してAmazonでの購入です。

一緒に購入したHDD

ケースが決まったら次はハードディスクどうする?ってはなし。
これもまぁ、悩みました。お金ないし。安心欲しいし。

で。
選択したのがこちら。

ちなみに競合はこちら。

これもかなり悩みましたねぇ。
重要パーツですもんね。
まるっきり個人利用だったら WESTERNDIGITAL Blue もありなんでしょうけれど。
青と赤で悩みまくってる間に青の価格が上がって大差なくなったのよね。
それで、赤にするかと。けどWDだしなぁ。どうなのかなぁ。
評判って良かったり悪かったり、その時々で全然違うから。本当にわかんないし踏ん切りつかず。

うわーーーーってなって。
東芝になった(笑)

もうね。ほんと、勢い。

開封の儀

はっ。前置きが長くなってしまった。

梱包はこんな感じで届きました。
QNAP NAS届きました

ハードディスクはもちろんRAIDありきの2個購入。
こちらもしっかりした箱に入って同梱されていました。
東芝のハードディスク

TS-231P開封
TS-231P開封 中身

本体、電源ケーブル、LANケーブル2本・・・。

簡単セットアップの日本語冊子が入ってました。

QNA簡単セットアップガイド

本体準備

開けたら最初にすることは、ハード的セットアップです。

NASキットなので、別売HDDを本体にセットしてやる必要があります。

前面ハードディスクトレイ

購入理由のひとつ。
ハードディスクの抜き差しが前面ホットスワップです。
実際電源入れたまま抜き差しはしないですけれど、これいいですよね。
将来、ハードディスクの交換も簡単です。

ハードディスクトレイ

ハードディスクトレイです。
ここにハードディスクを固定するわけですね。留めるためのネジは付属されています。
ハードディスクは2.5インチ、3.5インチ どちらも可能となってました。

本体奥

あれ?
ハードディスクをトレイに留めるのはいいけれど、どっち向き?

なんて、おバカなことで悩んでしまう私です(笑)

トレイを抜いた 本体奥を覗いてみました。
えーと、ここにトレイがこうささるから・・・。

よし。ハードディスク固定向き確認OKです。

ハードディスクセット

留めるためのネジはシルバーとブラックと2種類8個ずつ入ってました。
シルバーのネジが3.5インチ用です。

ハードディスクの固定方法

ハードディスク固定

ハード的セットアップの山場はここと言っても過言ではないはず(笑)
しっかりネジで留めて差し込んで。はいおしまい。

簡単ですよね。
キットだからって難しく考える必要はまったくないです。

TS-231P 背面

背面はこんな感じ。
LANポートが2つあるのが特徴です。このランクでは珍しいのでは?
うちは回線の冗長まではやってないのであれですけど。

で。電源ケーブル挿して、LANケーブル挿して。
物理的にネットワークにつながりました。

電源ON

電源ON!!

ピーピー結構うるさい(笑)

あ。でもね、でもね、ハードディスクの駆動音はものすごく静かです。
驚くほど静か。

そして、システムセットアップへと つづく

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)
Simplicityレクタングル(大)

フォローする