でじたるすとれーじ2.0

ゆるい日常の中にも気づきや発見はあるはず。そんなものをデジタルストックするところ。たぶん。

電子書籍

スポンサーリンク

もの

Kindle paperwhite 手に入れました

KAZUNEです。
ひょんなことからkindleを手に入れました。

前提

実は私、電子書籍はKOBO派だったりします。
なのでKOBOを持っているのですが、何代目だっけ?忘れてしまいました。無印のやつです。
本体のメモリは少ないですけれども、32Gのメモリを挿しています。

そう。このメモリが足せるっていうところと、自分で持っているpdf等も読むことができるっていうのが決め手になって電子書籍を利用したいなぁっていう時にkindleではなくKOBOに決めたんだっけ。

で、このKOBO端末。あまり使うことなく・・・というか、もうまったく使っていません。

本はたくさん買いましたし、これからも買います。
紙の本より電子書籍の方が読みやすいです。

なのに、なぜkobo端末使ってないかというと、動作がトロすぎてイライラするから。
手帳型のケースに入れているのが結構重い。

なので、もっぱら電子書籍はスマホのアプリで読んでいるのです。
マンガや雑誌はタブレットで大きく見ます。カラーだしね。

kindleを手にしたわけ

今回kindleを手にしたわけは、いただいたから。

正直微妙でした。
KOBOの件もありますし、もらっても結局すぐに使わなくなってしまってもったいないだけになるんじゃないかって。

けれどもね。好奇心には勝てなかった(笑)
KOBOだって、あれからずいぶん新しい機種が出てきたし、ずっと使いやすく処理も早くなっているんじゃないかって思うしね。

kindle本も何冊かは購入してスマホアプリやタブレットアプリで読んでいるしね。

だからこそ、KOBO同様スマホやタブレットのアプリでいいんじゃない? kindle端末いらないよって思う気持ちもありながら、kindleも一度使ってみたいなぁなんてね。

kindleパッケージ

kindleパッケージ
じゃじゃん。

kindle
パッケージ中身は少ないです。
本体の他は取説と電源ケーブルのみ。

セットアップ

kindleセットアップ
電源を入れたらまずは言語に日本語を選択して Wi-Fi の設定。

ログイン画面
Amazonにログインしたら完了です。

SNSに接続するだとか、そういうのは全部パスしました。

気が付いたこと

まだ、セットアップして、以前購入していた本を何冊か端末にダウンロードしただけですが動作についてはまぁこんなものかなっていうか、許容範囲内でした。
といってもまだちゃんと使っていないから、ホントのところはまだわからないんですけれども。

それから、やっぱりeインクは綺麗です。
kindleコミック
300ppiがどれだけのものなのかわからないけれど、前世代機の2倍のピクセル数なんだそうですよ。
マンガだってこんなに綺麗で見やすいですね。

と、もうひとつ。今回一番驚いたのは軽いってことだったりします。

箱から出したとたんに「軽っ!」って言っちゃったくらい驚いた。

後でKOBOの手帳型ケースを外してみたら、KOBOだってそれなりに軽かったっていうか、どんだけケースが重いんやって話しなんですが。それでもkindleは軽かった。

後はあれね~。
この機種は4Gしかないらしいですけれども。何冊くらい入るんでしょか。
メモリ追加したKOBOでも、足りずにダウンロードできなかったりするんだけれど。
すぐ足りなくなってしまうんじゃないかなぁ。とか。

おまけ

KOBO用ケース
封もきらずにずっと放置していたKOBOのケースがあるんですよ。
大きさ的に使えるんじゃないかなということで、さっそく使ってみました。

KOBOケースにkindle入れてみた
あれ?
角っこが少~しはみでちゃうぞ。

ピッタリでした
伸縮性のある生地なので、大丈夫だろうとファスナーを閉じてみたら難なく閉じることができました。

-もの
-,