α5100 本体ソフトウェアアップデート に四苦八苦 の巻


ふと。本体ソフトウェアのアップデートが来てるぞ。と気が付いて。
何気にアップデートしてみたらとんでもなく焦ってしまうことになったという(笑)

今日は、そんなお話を書いておきたいと思います。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

SONYのミラーレス一眼 α5100

α5100(ILCE-5100)は、何台か持ってるうちの1台。SONYのミラーレス一眼です。
コンパクトで、夜にもそこそこ強くて一番のお気に入りです。

このカメラの特徴のひとつとして、アプリをインストールして機能を追加することができる。というものがあります。

いつの間にか本体アップデートがきてた

私は、なんというか、まぁ、よくありがちな・・・というかですね。
えぇ。ベタにありがちかと思いますが。「なにか趣味のひとつも欲しいなぁ」とですね。そういうときにあれです。
人に勧められたということもあり。ちょっとお手軽に始めてみるには敷居が低かったということもあり。
いっちょ、写真でも始めてみようかとw

手を出してみたものの、結局スマホで撮るのが一番きれいなんじゃ?なんて悲しすぎるほど本当に写真下手すぎて嫌になるというか。
最近ではすっかりカメラで写真撮らなくなってしまいました。えぇ。ホント。ありがちなお話で恐縮です。

で。宝の持ち腐れ状態ではあるんですが、10月はあちこち遊びに行くぞ!!的な感じなんで。
久々に手に取ってみたりなんかして。

そしたら、いくつか更新来てるアプリがあるのね。と。
アップデートしようとしたら、まずは 本体ソフトウェアをアップデートする必要があるよ。と。

いつの間にやら、本体アップデートが半年も前に来てましたよ。

アップデート手順

簡単に書けば
1.アップデート本体ソフトウェアをダウンロードする
2.Firmware Updaterを起動する
3.パソコンにカメラ本体を接続する
4.アップデート

なんですが、注意事項があります。

・メモリーカードはあらかじめ抜いておいてください
・バッテリー残量は3個以上でアップデート行えるようですが、満充電されたバッテリーを使いましょう
・カメラ本体に付属のUSBケーブルを使用しましょう

察していただけたことかと思いますが、上記注意事項、ことごとく破ってました。私。

事の顛末

どういうことをやらかして、どういうことになったかというとですね。

適当にやっちゃった

まず、バッテリーの充電が弱くてインストールできませんと拒否られてしまったので少し充電して3個以上の状態にしてのインストール開始です。

Firmware Updaterを起動して指示に従い順調に進めていきました。
本体のリセットをして・・・。
ここで、USB外してしまったのが間違いだと気が付いて再度繋ぐという失敗。あわわ。
(もちろん、ここで使用しているUSBケーブルはスマホを充電するのに使っているやつですよ。付属のものってもうどれだかわかんないし。)

液晶画面が暗いままなんです

液晶画面暗いままでいつまでたっても完了する気配がありません。
30分以上たってもまったく変わらず。
意を決して電源スイッチを切ってみても切れない(画面暗いんだけど、バックライト?ついてるみたいな。電源は入ってる状態でほんのりあったかい)
液晶画面真っ黒
どうしようもないので、バッテリー抜いて入れなおしてみる。

修復中の表示が出るけど、しばらくしたら また真っ暗。そのまま置いておいたけれど、バッテリー切れただけ。
修復中の表示

バッテリー充電して再度チャレンジ。

Firmware Updaterを起動からやり直してみたけれど、カメラ本体を認識しないためインストール作業は行えず。

カメラ単体で電源入れると液晶画面に「修復中」の表示がしばらくあったあと真っ暗画面。
何時間か放置しておいたけれど、気が付いたら、電源が落ちてた。
バッテリーが切れたみたい。

同じようになった人っていないのかな?

うわーーーってプチパニックになりながらもぐーぐるさんに色々聞いてみるけれど、どうしていいかさっぱりわからず。
再起動から完了までに時間かかったっていう書き込みはチラホラ見かけるもあきらかに失敗したっていう人は見当たらず。
アップデートの失敗は保証が効かないっていう非常にありがたくない情報だけが手に入るorz

ちなみに有償修理だった場合の金額もググってみたけど、結局わからなかった。実際に修理に出して○○円支払いましたっていう情報はないって言うことは、みんなちゃんとアップデートできてるor同じ状態になってもなんとかなってる。
・・・んだよね?と奮い立たせ。ですよ。

最後のチャレンジ

最後にもう一度だけやってみてダメなら諦めて修理の手配をしようかと。

1.バッテリーを充電する
2.Firmware Updaterを起動。パソコンとUSBで繋いでみるけど認識してくれず。
3.仕方ないのでそのまま「修復中」の画面のあと真っ暗画面
4.1時間くらいして、ダメかぁ。と思いつつ、USBケーブル抜いて放置。
5.音がしたので驚いてカメラを見ると起動してたぁ!!パワーズームレンズが動いた音でした。

なんだかよくわからないけれど、起動してたから良しです。
本体ソフトウェアのバージョンを確認するとちゃんと3.10になってます。嬉しい。

起動がめちゃめちゃ早くなった。

さいごに

本体ソフトウェアのアップデートをするときには満充電のバッテリーを使いましょう。
電圧的な?たぶん、これって大切なことなんだと思う。

そして、カメラ本体を再起動する時もしてからも、インストールが完了するまでUSBケーブルは抜かないようにしましょう。

後は、ひたすら待つ。
(私の場合、ここでバッテリーが弱かったからうまくいかなかったんじゃないかと思ってる)

メモリーカード抜いておくっていうのは全然気が付いてなくて、結局最後まで入れたままだったけれど、データが消えてしまったっていうこともなく。
無事だったので、これはまぁ、保険的なことなのかなぁ。

何が致命的だったのか、何がよくて修復できたのか、よくわからないままにアップデートは完了です。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)
Simplicityレクタングル(大)

フォローする