DaiGo|人を操る禁断の文章術

人の心を操るプロフェッショナル、メンタリストのDaiGoさんが人を操る文章術について書かれた一冊です。

上手な文章が書けるようになりたいなと思っていたところに出会い、手に取った一冊です。
まず私にとっての上手な文章ってまさに人の心を動かすことのできる文章っていう事だったんだなと。明確な目標に気づかせてもらいました。

今まで 上手に文章を書けるようになりたいって思う事は、綺麗な文章っていうか、伝える文章を書けるようになりたいってことだと認識してました。けれど、違うんだって気が付いた。良い文章には種類があって、伝える文章とは別に人を動かす文章もあるんだって。そして、私はそういう文章が書けるようになりたい!!

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

基礎データ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
たった1行で、人は踊らされる。メール、企画書、LINEで使えるメンタリズムシリーズ最終兵器。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 文章が持つ力は∞(無限大)-買うはずでなかった高価なものを、衝動買いさせた文章とは(A、B、Cの3つから、あなたが選ぶのは…/「やせる・稼ぐ・口説く」は、すべて文章でできる ほか)/第2章 「書かない」3原則で人を操るー人を操る文章の共通点とは?(あれこれ書かない/きれいに書かない ほか)/第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まないー読み手の心を撃ち抜くテーマとは!?(興味/ホンネとタテマエ ほか)/第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけーそのまま使うだけで自在に操れるようになる(書き出しはポジティブに/なんども繰り返す ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
メンタリストDaiGo(メンタリストDAIGO)
日本唯一のメンタリスト。テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

内容

文章とは

”文章とは、読まれるために書くものではない。行動させるために書くものだ。”

禁断かどうかはさておき、「文章の書き手が読み手に対してこういう行動を取ってほしい」を実現するためのノウハウ。
いわゆる「伝える」文章ではなく、人を動かす、行動させることをテーマにした文章の簡単な書き方がテーマです。

「まえがき」はまさに、立ち読み客をレジへと向かわせる「行動させる文章」。
まんまと私は行動させられました(笑)

「文章」+「メンタリズム」=「読み手をとってほしい行動に誘導」

この本の中で繰り返し書かれていることは、想像させる文章を書くということ。
それは、きれいで完璧な文章ではなく、相手に考える余地を与え想像させる文章を書くということ。
そして、そこから行動が生まれると書かれています。

セールスマンがお客様に送るメール。
あなたが気になるあの人に送るメッセージ。
あなたがLINEで何気なく話す会話。

それは、「売り上げのため」だったり、「あなたを好きになってもらうため」だったり「良い印象を持ってもらうため」だったり。
すべての文章には、相手を行動させるというゴールがあり、そのゴールにいかに「自然に」相手を誘導するかがポイントとなります。

原則

「人を動かす」文章を書く場合には、心理的な観点から見て、いくつかの原則があります。

◆心を動かす文章に共通する3つの原則

  1. あれこれ書かない
  2. きれいに書かない
  3. 自分で書かない

◆人を動かす7つの引き金

  1. 興味
  2. ホンネとタテマエ
  3. 悩み
  4. ソン・トク
  5. みんな一緒
  6. 認められたい
  7. あなただけの

◆5つのテクニック

  1. 書き出しはポジティブに
  2. なんども繰り返す
  3. 話しかけるように書く
  4. 上げて、下げて、また上げる
  5. 追伸をつける

書くテクニックについて

後半部分では、文章の書き出しや展開のさせ方など、実用的なテクニックについて書かれています。

中でも驚いたのは上記「5つのテクニック」から「追伸をつける」の部分。
ここでは詳しく書きませんがメールを下から、つまり追伸から書くテクニック。どういう事か、詳しくはぜひあなたの目で確かめてみて欲しいです。

それと、もうひとつ。
「話しかけるように書く」一人二役、会話するように書かれた文章をまとめて心を動かす文章にするテクニック。

どちらもマスターしたいテクニックです。

さいごに

私、あまり「まえがき」読まない人でして。いつもたいてい読み飛ばしちゃったりするんです。
ところが、「まえがき」を読みはじめたところから一気に引き込まれ、そのまま最後まで読み切りました。

わかりやすい文章で、ぐいぐい読み進めることができます。あっというまに読み終えてもったいない気がしたほど(笑)

読んだら、実践してみたいですよね。
メールを一通、意識して書いてみました。

・・・が、しかし。

やっぱりそう簡単にはいきませんでした。

理解するのと、実践するのとはやっぱり違いますね。何か違うっていうのはわかるんですけど、難しいです。センスないのかなぁ。

トレーニングあるのみですよね。
常に意識して文章を書くように。そして、きちんと自分のものにしたいです。

1,400円の本っていうと、私にとっては決して安い金額ではないけれど。
同じ内容のセミナー受けたと考えてみて?
絶対この値段では無理だと思うのね。

そして、それは身に付けてこそ本当にお得だったと思えると思います。

久々に読了後テンションあがった一冊でした。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)
Simplicityレクタングル(大)

フォローする